設立趣意書
インフレ下苦しい生活を送ってゐる我等勤勞者の實質賃金を向上させる爲にはヤミを追放し物價を引下げ、生産者に直結し中間利潤を排除した物品を直接入手するにあります。一方安易に協同施設を利用したり文化生活を樂しめたらどんなに毎日の生活が樂しく豊かなものになるでせう今回我等の待望する消費生活協同組合法が第二回國會を通過し、本年十月一日から實施されましたに就ては一宮勤勞協會會員を根幹として我等勤勞者打て一丸となり民主的生活協同組合を結成し差當り別紙事業計畫書に掲げる事業を實施しようと發起した次第であります。協同主義に徹し相互扶助の人類愛に基き組合事業を活發に運営し延ては安定せる生活の營める理想社會を建設したい念願であります

昭和二十三年十二月

愛知縣一宮市本町通四ノ二七
一宮勤勞協會内
一宮勤勞生活協同組合
設立發起人一同