メニュー
Home » 新型コロナウィルスの感染拡大の現状における対応方針、 及び「生協のご利用と活動に関わるお知らせ」
新型コロナウィルスの感染拡大の現状における対応方針、 及び「生協のご利用と活動に関わるお知らせ」

 

2020年4月13日

一宮生活協同組合

 

 日頃は、一宮生協での商品のご利用やさまざまな組合員活動などへのご参加、誠にありがとうございます。

新型コロナウィルスの感染拡大が身近なこの地域でも広まってきています。

 一宮生協では、こうした感染拡大を防ぐために2月17日から役職員での感染予防対策に取り組んできていますが、この度、愛知県が「緊急事態宣言」を発出したことに合わせて、感染拡大予防の対応内容のステージを引き上げ、より一層の強化に努めることといたしました。

 組合員の皆さまには、多方面に亘りご理解をお願いすることとなりますが、この事態を一日も早く終息させることができますように、役職員と組合員の皆さんで一体となって取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をお願い致します。

 新型コロナウィルスの感染拡大が広がり続けている現状も踏まえ、「緊急事態宣言」が発せられている期間の基本的な対応については、下記のように致します。

 

 

 新型コロナウィルスの感染拡大予防対策として、組合員の皆さまの命と安全を第一に考え、また、これ以上の感染拡大を防ぐことを念頭に、以下の対応を進めていきます。

 

1. 組合員活動やイベントなどの開催について

(1)対象期間内においては、組合員が集う企画や会議のほか、イベントなどのすべての開催を、原則 中止または延期します。

①一宮生協が主催する組合員が参加する会議や企画・イベント等は、原則 中止または延期します。

②一宮生協以外の外部組織や団体などが主体となって開催される会議や企画・イベントなどについては、その都度、必要性に応じて管掌する役員が判断します。

 

2. 一宮生協の施設の使用や貸し出しについて

(1)対象期間内は、全ての施設について職員以外の外部者(組合員を含む)の使用、及び貸し出しを、原則 中止します。

①対象とする施設

・本部センター、稲沢センター、東部センターの組合員室などの全ての施設。

・藤ヶ丘、今伊勢、せんい、下津、津島の各ステーション。

 

3 対外的な対応について

(1)対象期間内は、外部との連携する企画や外部者との接触は、原則 禁止します。

①外部者の来協を受ける打合せや商談などは、原則 禁止します。

②一宮生協の役職員の外部への往訪や出張などは、原則 禁止します。

 

4. 商品のお届けに関わる対応について

(1)地区担当者は、配送時にグローブ(手袋)を着用します。

①ウィルスの直接的な付着を防止することを目的として着用します。

(2)組合員宅での商品の受け渡しは、非対面で対応します。

①原則 商品は玄関の外での受け渡しとします。但し、組合員と対面する必要がある場合は、地区担当者は組合員から距離をおいて対応します。

 

5. 役職員の感染防止に関わる行動などについて

(1)公私に亘り、感染予防対策を実行します。

①個人としての対策

(⇒家族内感染を防止するため、各家庭でも実施を呼びかけます。)

・手洗い、うがい、咳エチケットを励行します。

・生活習慣を整え、通常の健康管理の維持に努めます。

・感染者との接触を避けるため、不要不急の外出と移動を自粛します。

・やむを得ず外出する際には、密閉・密集・密接の条件を避けることとします。

②職場における対策

・勤務時間内はマスクを着用します。

・それぞれの執務室は、1時間に1度の頻度で換気を行います。

・会議は、原則 中止または延期としますが、業務上において必要な会議は可能な限り短時間で行うこととして、出席者間の距離を開けることに留意します。

・時差出勤、時短勤務、土日勤務なども各部署の判断で実施します。

・対応が可能な部署においては、テレワークや出勤場所の一時的な変更など、特例の対応を行います。

・電車やバスなどでの通勤者については、公共交通機関の使用によるリスクを避けるため、自家用車を使用することなどに特例の対応を行います。

③健康チェック

・全役職員は出勤前に自宅で検温を行い、検温結果とその他の健康状態を健康チェック表に記録し、各部署長は始業前に確認を行います。

・健康異常が確認された場合は直ちに所属長に報告し、所属長の対応マニュアルに沿って対応します。

・家族に同様の健康異常が確認された場合も、所属長への報告を義務付けます。

 

6. 万が一、役職員に罹患者が発生した場合の対応について

(1)役職員に感染者(感染の疑いを含む)が発生した場合は、対策本部を設置し、事業継続対応内容や組合員対応などについて、その時点での状況に応じて協議するほか、感染拡大対策(消毒など)を実施します。

①感染事案が発生した場合は保健所と連携し、濃厚接触者の特定や職場の消毒を速やかに行い、クラスター感染の防止を実施します。

②具体的な対応は、事前に整備した「新型コロナウィルス感染症発生時対応マニュアル」に沿って実施します。

 

 感染拡大防止対策には、生活協同組合連合会アイチョイス、並びに連合会の会員生協のあいち生活協同組合、並びに生活協同組合ぷちとまとと連携して取り組み、グループ全体として安定した事業継続に努めてまいります。