Home » 一宮生協の安心 » 食品の安全への取り組み » 食品添加物についての考え方

食品添加物への考え方

そもそも食品添加物とは

保存料・甘味料・結着剤・安定剤など、食品の製造過程や食品の加工・保存などの目的で使用されるものが食品添加物です。
加工食品は基本的に食品添加物の力を借りて製造され、加工が複雑になるほどその度合いが高まります。
利便性や嗜好性が高く加工度の高い商品や、安価な商品には、使用される食品添加物の種類も多くなります。

食品添加物を減らすには

可能な限り以下のような添加物を排除した食品を取り揃えています。

  • 食品の素材本来の色、味を大切にすれば使用する必要がない着色料・化学調味料
  • 加工技術、保存・流通技術の改善により使用しなくて済む保存料
  • 良質な原料を使用すれば排除可能な添加物

無しではその食品にならないもので、製造上不可欠。

例:豆腐やゼリーの凝固剤・プロセスチーズの乳化剤加工工程で必要だが最終製品にはほぼ残らない加工助剤等

無しでは品質安定性が得にくいもので、家庭で作るには不要でも、加工食品の品質安定のためには、ほぼ使われるもの。

例:ホットケーキの膨張剤・濃度のあるソースの増粘剤等

品質安全性維持のために必要なもの。家庭で作るには不要でも加工食品の流通、保存には不可欠。

例:生麺の静菌のための製造用剤・筍水煮のPH調整剤等

味覚・視覚に関わる添加物、利便性に関わる添加物、コストに関わる添加物など、消費者ニーズによって使用の有無はどちらにでも転がります。

原材料の選択、製法などで代替や排除できるもの。コストとの関連が大きい。

例:素材の味を補う化学調味料・商品の見た目を補う着色料等

商品選択の価値観

無塩せきのハム・ウィンナー、無着色のたらこ・明太子や漬物、無漂白の数の子は、「着色に関る食品添加物を使用しない商品を」という組合員さんの要望に応えて生まれ、組合員さんの普及活動によってロングセラーとなった生協商品の代表格です。

写真

加工食品に頼らない食生活、素材を活かす料理を組合員間で広めあうことを大切にしています。

食品添加物についての姿勢

「使わなくて済むものは使わない」を基本とし、添加物に頼り過ぎない食品企画を行っています。

パートナーズブランド商品 パートナーズブランド以外の商品
添加物不使用が前提。使用する場合は用途を精査。 日生協添加物基準を踏まえ、ALLネット添加物基準を
適用。

※どちらも食品添加物個々の物質を選り分けるのではなく、必要性を精査します。