Home » 一宮生協の安心 » 食品の安全への取り組み
食品の安全への取組み

一宮生協は組合員さんが安心できる食品を提供するため、生産者との顔が見える関係を築き、誰が・いつ・どこで・どのように作ったか、チェック・確認を徹底しています。
産地見学・生産者交流を通じ、実際に見て、食べての機会もあります。

写真
食品添加物への考え方
写真

一宮生協では「加工食品に頼り過ぎない食生活」を提案し続けています。その理由は頼り過ぎないことで、食品添加物を極力避ける食生活を可能にするからです。

詳しくはこちら
国産原料を重視することの「安心と安全」
写真

一宮生協ではとくに主原料については国産の農畜産原料の使用につとめています。

詳しくはこちら
非遺伝子組換え
写真

遺伝子組換え技術は、生態系のバランスを崩すため、一宮生協では使用しないことを基本とします。

詳しくはこちら
食品の放射能汚染防止対策
写真

「疑いのあるものを持ち込まない」が基本方針です。

詳しくはこちら