Home » 一宮生協概要 » 環境活動レポート

エコアクション21は、全ての事業者が環境への取り組みを効果的、効率的に行うことを目的に、環境に取り組む仕組みを作り、取り組みを行い、それらを継続的に改善し、その結果を社会に公表するための方法について、環境省が策定したガイドラインです。
エコアクション21ガイドラインに基づき、取り組みを行う事業者を、審査し、認証・登録する制度が、エコアクション21認証・登録制度です。

一宮生協は、2004年に本部事業所がエコアクション21認証を受け、全国72番目の登録事業所となりました。「生協活動そのものが環境活動です」という積極的な評価をいただきました。
週1回の計画購入、班でのまとまりなどの購買スタイルが、環境負荷低減・地球温暖化防止の点で優れていると評価されたわけです。2006年12月までに全事業所の認証取得をしました。

環境方針
1.商品
地域に配慮した商品の選択・開発と提供を継続実施します。
2.事業
協同の事業を環境保全型・低炭素型に転換していきます。
3.くらし
くらしの見直しを進め、グリーンコンシューマーライフを実行します。
4.子ども
未来を担う子どもたちに環境教育を行います。
5.地域
地域の行政・市民・事業者と協同して、持続可能な環境循環型社会の実現を目指します。
 

 
矢印
 

 
 
 
矢印
 
 

 
 
 
矢印
 
 

 
矢印
 

 
矢印
 

環境活動計画

■環境に配慮した商品の選択・提供
■環境に配慮した商品の開発・提供
■環境循環型農・畜産者の育成

■二酸化炭素排出量の抑制
■廃棄物排出量の抑制
■排水量の削減
■グリーン購入の推進
■「環境負荷低減・コスト削減・お役立ち度 アップ」

■班での仲間づくり
■リサイクルの推進
■安定利用
■石けん洗剤への切り替え運動
■フリーマーケットの開催

■親子環境教室
■グリーンツーリズム
 

■地域環境ネットワークづくりと参加
■地域循環型システムづくりへの参加
 

6.法令の尊守
環境関連法令、条例、その他受け入れを決めた要求事項を尊守します。

設置場所 CO-OP生活センター  屋上
発電開始日 2009年12月21日
発電出力規模 11kw
設置パネル 88枚

■一般社団法人新エネルギー導入促進協議会の平成21年度地域新エネルギー等導入促進対策費補助を受けました。
■CO-OP生活センターロビーに太陽光発電の表示パネルを設置してあります。稼働状況を刻々と観察できます。